メスのいらない手術

こんばんは。新野です。

フランスでは
ファスティングのことを

『メスのいらない手術』

 

と呼んでいるそうです。

 

 

腸の汚れは
血液を経て細胞の汚れに直結するため
全身100兆個の細胞には
相当、毒素が溜め込まれているのです。

細胞の毒素とは
コレステロール
プラーク
中性脂肪
かび
病原菌
白血球の死骸

などです。

これは細胞ひとつ一つに宿便が溜まっているようなもので
こんな毒素だらけの細胞で
健康が維持できるわけがありません。

そしてこれが

肥満や万病の元

 

になるのです。

ファスティングをすると
この汚れた細胞をリセットするので

いろんな臓器の働きがよくなります。

女性なら
生理痛や生理前の不調が軽くなります。

私世代、アラフォーも
だんだん周りでも健康に気を使う話が出てくるようになってきました。

 

みんなで『腸活』してみませんか?
https://primrose-fasting.jimdo.com/

 

関連記事

  1. 痩せて困ったこと

  2. 酵素ドリンク

    酵素ドリンクの販売はじめました

  3. 生きた菌が腸に届くといいと思っていませんか?

  4. 何やっても痩せなかった人が酵素ダイエットで簡単効果的に痩せる…

  5. ラーメン食べたい!でも痩せたい!

  6. 実は、男性アスリートも愛用してます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。